HOME>オススメ情報>修理依頼は電話とフォームの併用がスムーズです。料金と初期化の有無は事前に確認しておきましょう。

見積もりフォームの活用とPC内部の掃除

基板修理

パソコンは突然壊れるものですが日々の生活に欠かせないアイテムですので、日頃から迅速に対応できるよう修理の申込方法などは調べておいた方が良いです。パソコン修理を依頼するのは通常、そのパソコンのメーカーに連絡するのが一般的です。しかし中古パソコンを購入したりパソコン内部を改造してしまったりするなど、なにかしらの理由でサポートを受けられない場合もあります。そのような時はパソコン修理専門の業者に依頼するしかありません。修理を依頼する方法は電話が一番手っ取り早いですが、細かい部分を相手に伝えることも大切ですので、業者サイトの見積もりフォームを利用するのも便利です。フォームやメールで細かい点を伝えてから電話で直接話すのも良いのではないでしょうか。修理の際はパソコン内部を開いて見るので、ある程度掃除をしておくのがマナーです。

修理費と初期化を事前チェック

パソコン修理

パソコン修理を依頼する際に気をつける点は、やはり料金です。5万円のパソコンを修理に出して3万円の修理費がかかってしまっては、新しく買い替えた方が良いという判断になります。よって、いくらくらいの費用がかかるのか見積もりを出してもらってから、じっくり検討した方が良いでしょう。また、業者によってはパソコン内部を初期化してしまうところもあります。インストールしたソフトが全て消えてしまっては、その後のセッティングに大きな負担を強いられますし、場合によっては元に戻らないケースもあります。この点については事前に業者側へ確認をとっておいた方が良いですし、自分でデータを保存しておくことも大切です。

いざという時のセカンドパソコン

パソコン修理

ある日突然パソコンが使えなくなると、想像以上に生活に支障が出ることに驚かされます。停電の時などに実感される方は多いのではないでしょうか。そのため、安くても良いのでセカンドパソコンを所有しておくことをおすすめします。普段は使わなくても、メインパソコンが壊れてパソコン修理に出してしまった時はとても重宝します。例えば性能の低い安価なモデルでも良いですし、中古パソコンを1台置いておくのも良いでしょう。また、デスクトップよりノートブックの方が場所を取らなくて便利です。

広告募集中